三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月7日 前編

やっぱり眠れねぇ(ーー;)
早朝4時、辺りが少し明るくなって来たー出発。
この野宿ポイント条件の悪さはやはり体に応えた。
足は勿論だけども、あちこいが痛いし体調悪いよぉ。
次の札所まで残り5キロ位だけど、かなり時間かかっちまいそうだ。

左は海で右が山の道路を歩き続け気分だけはイイ。
しばらく歩くと、右手の山の中腹に大~きなお大師(空海)様があった。
とりあえずいろいろと祈っておいた。
[長距離悪条件区間突破]の続きを読む
スポンサーサイト
7月6日 後編

腹が減ったので食堂でソーメンを食べた。
そしたら店のおば様がトマトを1つくれたのさ。
普段家にいればトマト丸々1つかぶりつきなんてしないけど、この時はがぶっとかぶりつきでいっちゃいました。

佐喜浜の港町を離れ、次の町目指し海岸を再び歩き始めた。
それにしても・・・・

[先客が優先でございます]の続きを読む
7月6日 前編

この頃になると早起きの習慣が身についてきたみたい。
支度をして宿を6:00位に出発。
数十分歩きトンネルを抜けるとそこは~高知県だった。
徳島・高知県境

[阿波から土佐へ入国]の続きを読む
7月5日 後編

足の痛みも忘れ(ホントは痛い・・)いいペースで歩くと17:30には宍喰町のとある民宿に到着した。
まだまだ頑張れるじゃないか、オレ。
今日は12時間で35キロ位歩いたんだなぁ(゜o゜)
そういえば、昨日行った薬王寺から次の最御崎寺までは約80キロだから半分来てないんだなぁ(゜o゜)
[パンニバナナハサムニダ]の続きを読む
7月5日 前編

朝・・じゃなくて夜明け前。
気がつくと強風と豪雨がベンチで寝ていた僕を襲っていて、起きた時には既に荷物も僕もびしょ濡れだった。
急いで駅に逃げ込んだ。
駅には昨日の絵描きおじさんが寝ていたが、しばらくしておじさんも起きた。
おじさんと昨日の出会いから振り返りながら話をしていると、いつのまにやら
「荷物は誰かといる時はや寝ている時はしっかり守れ、盗まれてもまず見つからないぞ」
とか、お遍路の心得を語っていただいていた。
おじさんは人を待っているのでこの地に残るそうだ。
[鯖大師!]の続きを読む
7月4日 後編

薬王寺まであと少しー。
右手の空き地を見ると廃車になったバスが・・
今夜泊まろうとしていた○○宿ではないかい、これ(?_?)
薬王寺の少し先にあると聞いていたが、まさか手前だなんて(゜o゜)
って事は戻って来ないといけないのか・・ヤダッ、ここは無し。

とりあえず進んで
23番札所 薬王寺 到着
礼拝と納経済ますと15時過ぎ。
雨降りそうだし、この辺に一晩明かせる場所ないかな~と歩いていると、お遍路さんからお札1枚お接待いただいてしまった。
少々ご年配の車お遍路さんで
「もがいてもがいて頑張れ!」と笑顔(^◇^)で励ましてくれた。
僕はいつものよ~に笑顔と情熱の握手でお返した。
[阿波の音色]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。