三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月7日 前編

ファミレスでの朝・・・暑いっ

どーやら客がオレだけなので空調切ったか弱くしてたみたいだ。

ロクに注文しないで、けっこー寝ちゃったみたいだから文句も言えないや

お金払って、朝5時の薄暗い道を歩き出した。

腹減ったので、途中のコンビに駐車場で昨日もらったおかきを食べる。
見覚えのある2番札所の前を通り、1番札所霊山寺に近づくにつれ、1周して戻って来た事を実感してきた

出発前に道具を揃えた霊山寺の手前のお店門前一番街に寄って見たら、最初に寄った時の店員さんがいて、高揚感に包まれながらしばらく話していた。

霊山寺に到着し、礼拝を済ませて出発時に記帳したノートに到着日を書き込む

意外と出発日は書いても、到着日は書いていない人が多い。

リタイアしたのか、区切り打ちなのか、結願には興味が無いのか・・・

帰ろうとしたら、住職さんが結願記念に木の珠をゴムで束ねた素朴な腕輪をくれた。ありがとう

寺の正面に出たら、いかにも初心者なお遍路さんが声を掛けて来た。

礼拝方法を聞かれたので、スラスラと礼拝方法を教えたら旅の注意事項等も聞かれ、まぁ~安全面を中心に最低限の事に毛が生えた程度アドバイスしました。

喋りすぎればオレの主観が入りすぎるし、予備知識は少ない方が旅は楽しいし

さ~高野山行くのにフェリーにはどこから乗ればいいんだ?

スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/124-de8dedeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。