三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月8日 前編

朝6:00宿を出発。

一度、高野山の入り口の赤い大門まで戻り、大門をくぐり最後の礼拝の開始だ。

まずはお大師さんが修行の為に建立した壇上伽藍に立ち寄った。

高野山は納経開始が8時からなので、とりあえず礼拝だけ済まして移動しようと思ったら・・・

偶然通りかかったお坊さんが、

「せっかく早くから来ていただいたのだから」

と、納経開始時刻の8時よりだいぶ早く納経していただいた。ありがとう
次に高野山真言宗の総本山・金剛峰寺礼拝を済ます。

そして、弘法大師御廟こと奥の院へ向かう途中、一の橋を渡ると、戦国武将の諸大名石群があった。

道の左右の背の高い木々の下に、決して豪華ではないがたくさん立ち並んでる。

上杉、武田、島津、真田、織田・・・・

高野山MAP片手にどのが誰のかと探す作業は、戦国武将好きの僕にとってはぁもぅたまら~ん

観光に来ていた幼稚園?小学生?は説明聞きながら見てつまらなそ~な表情してたけど・・・

その中で、周りにかまわずお遍路姿で大きなザック背負ってをじ~っと見ている僕をみていた何人かの子達は、違う表情してました。

「何、この怪しい人・・・・」って怖い物見たさ的な表情を。

ま~とにかく200m?位続くその道程にウキウキでした~
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/127-3d17e692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。