三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金剛杖です。
実用性◎ 雰囲気◎
遍路旅に是非おすすめしたい道具です。

上手く使えれば徒歩の疲労やへのダメージを軽減してくれます。
また、この金剛杖お大師さんの分身となり旅を見守ってくれます。
これがお遍路が1人旅でも同行二人と言われる理由です。
僕が旅で実際使用したのは、このシンプルな(並)↑
カバーは一緒についていた物を使用しました。
実際、徒歩の際の足へのダメージはある程度軽減してくたと思います。
登りのときは補助の足として、下りのときはブレーキとして役にたちました。
また右を痛めたときは、歩行の際のへの負担をだいぶ助けてくれました。
登山用のストックの方が役に立つのでは・・・
と思った時もありましたが、遍路旅では地面が舗装だったり土だったりぬかっていたり。
そう考えると、継ぎ目がなくて、多少の柔軟性のある金剛杖の方が遍路旅には向いてるかなと。

あと、間違えくお遍路の雰囲気出ます!
雰囲気で外せないお遍路道具と聞かれたら、金剛杖と白衣を僕は選びます。
さらに、1人の時に金剛杖お大師さんの分身だと思うと何か心強いです。
僕は野宿もしてたので、その時はほんとにもう・・・最悪の時武器にもなりますしね。

この他に、角を丸くした物や、般若心経入りが有ります。



今回紹介した商品は、一番札所すぐ近く!門前一番街さんの商品です。


ここには金剛杖が付くお得なセットがありますよ。

スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/132-a57fc0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。