三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月29日 後編

次は10番切幡寺
このお寺は小高い土地にあり、坂道の途中にはお遍路道具屋さんと宿が立ち並んでいた。
そしてここにはM師匠オススメ333段の石段がある。
隣に舗装された坂道もあるけども3人共もちろん石段に挑戦!
と、意気込んで坂道を登っている途中掛け軸仕立てのお店の方が声を掛けてくれてお店に荷物を置かせていただける事になった。

装備も参拝道具だけになって石段を登り始めると・・・
あら(゜o゜)以外と簡単に登れちゃいました。
ここには国の重要文化財に指定されている大塔があり高N君と二人で見上げつつ「おお~」と感嘆。
帰り道途中で線香ケース350円を購入。
荷物を置かせていただいたお店に戻るとお茶をくれたのでしばし世間話に突入。
M師匠の管直人を乗せたというおじさんのありがた迷惑なお話だとか、地元四国のおじさんが四国の方がお遍路さんを騙して数千円を持ち逃げしてとっても四国民として情けないだとか・・・・お遍路さんにまつわる話もいい事ばかりじゃないですね(*_*)

次に目指すは約10キロ先の11番札所藤井寺。
平地をずんずん進むと吉野川に差し掛かる。
ここに架かっている橋は「浮橋」として有名で、なかなか趣のある橋だった。
そんな時にしていた3人の会話は
「今、橋から川に飛び込めるとして、向こうの方で○○○の美女が呼んでたらどうする?」
「勿論美女は無視で橋から川に飛び込んで涼む!」
「暑いし疲れてるし美女なんかど~でもいいよ!」
・・・・グダグダです( 一一)
橋を渡ると休憩所があり、時間的に急がないと17時の納経終了時間に
間に合いそうも無いので、納経をしないM師匠より高M君と先に行く事にした。

高N君身長も高く空手もやっているので急ぐと早い。

無理について行こうとした僕の膝が悲鳴をあげました(>_<)
高N君には先に行くように言ったのですが、

「一緒にがんばりましょう!まだ間に合います!」
みたいな事を言ってくれました
あぁぁ・・・・(T_T)今は1人じゃない!

高N君のおかげで納経時間に間に合い、20分後位に松井さんも合流。


偶然参拝に来ていた地元の方に撮影していただきました
師匠!大阪青年!おれ!

左から高N君、僕、M師匠
さらにその方に○の湯無料券をお接待していただき、今晩は○の湯横の善根宿に泊まる予定だったので助かりました。
M師匠は近くの民宿泊まりで、僕と高N君は○の湯へ向かった。

30分位で到着すると先客が数人いましたが2、3畳の小屋に二人で泊まれる事になり、近くのダイソーで
・洗濯バサミとポーチとジュース¥472
スーパーで
・冷やし中華とジュース¥247
をお買い物。

宿に戻って洗濯、しかも乾燥機付き。
さらに温泉、さっきの券で無料。
幸せ~~~~~~~~~~~~~~~


善根宿には他に、自転車旅の青年、逆打ちの青年、車のおじさん、大量の荷物を抱える数巡目のおじさんやら様々な人がいて情報交換をした。話してるうちに慣れている方達が、この先野宿するにしても善根宿にしても寝る時には気をつけろと初心者の僕たちにアドバイスをしてくれた。
ついでに危険な場所も教えてくれて、また気ぃ引き締め直しました

久々に入浴し痛みや疲れがよく取れました。
明日は難所の焼山寺だ。
膝がまだ不安だったので高N君に、明日になっても膝がだめだったらM師匠と先に行ってくれるように伝えた。
僕が荷物をまとめたり札を書いたりしていて、この日記を書く頃には高N君は既に寝ている様子だった。
日記書く為に少し明るくしていて高N君に申し訳無かった、ゴメンナサイ、そしてアリガトウm(__)m

3日目終了

本日のお寺
・6番札所 安楽寺
・7番札所 十楽寺
・8番札所 熊谷寺
・9番札所 法輪寺
・10番札所 切幡寺
・11番札所 藤井寺

本日の出費
・飯 ¥248
・ジュース ¥309
・ウエストポーチ ¥157
・洗濯ばさみ ¥105

ハイ!入浴

>
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/14-1292941f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。