三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月30日 中前編

柳水庵で休憩していると、ザックに黒ゴミ袋を掛けて七分丈のパンツをはいているお兄さんが通りかかった。
そのお兄さんは昨晩○の湯の善根宿で一緒だった方で、今朝僕たちが出発する時にはまだ朝飯を食べていたはずなのにもう追いつかれてしまった。
まさに健脚です(゜o゜)

雨が小降りになり出発。
上り道を約2キロ進むと浄蓮庵に到着。
ここは焼山寺よりも標高が高く見晴らしがいい。
大師さんが埋めたと言われる杉の老大木はどっしりとかまえていて、僕たちお遍路を見守ってくれている様だった。
浄蓮庵を出発すると山頂から沢に標高で350m下って再び標高300mの上り道。
キツイけれども上りきればそこには焼山寺が待っている。
M師匠はお年の為スローペースで安全に。
高N君は相変わらず爆走と休憩の繰り返し。
僕は中間でM師匠の位置を確認しつつマイペースで。
しばらくすると視界がパッと開き自動車参拝道に出た。
するとそこには丸太ベンチに座りこんだ高N君が・・・何か様子が変だ。
「飛ばしすぎたみたいで、火照っちゃってヤバイです」
疲労と脱水と無理なペースでぼせてしっまたようだ。
幸い気候は良かったので、風とおしを良くして水分補給をして休ませた。
程なくM師匠の登場、焼山寺が目前に迫り三人丸太の上で「いや~頑張ったなぁ~」とまったりしてしまった。
この時M師匠が持っていたペットボトルケースに思わず(ー_ー)!!

すぐ飲めないけど保温・保冷効果が抜群にいいみたいだ。
【coleman】 コールマン キャンバスボトルクーラー500 コールマン
【coleman】 コールマン キャンバスボトルクーラー500 コールマン
↑M師匠が持っていた物とデザインは異なります。
M師匠いわく、「ふたができるからやっぱりもちは違うよね~」
デキル男はツール選びもさすがです☆彡

そしていよいよ焼山寺への最後のへんろ道を抜けると・・・一般参道に合流した。
車やバスツアーの方々に「歩いて登ってきたの」「へぇ~」「えらいわねぇ」なんて言われながら山門へ。

出発から約6時間焼山寺到着!!
難所を突破したことは勿論うれしい、
そしてだぁ・・その感動を共有できる仲間がいるって素晴らしいじゃないかぁ!(^^)!


道は続く

FC2ブログランキング参加中。ポチっとね!

スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/16-c3d57cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。