三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月2日 前編

男三人、静かな朝を迎え旅支度を始めた。
三人別々の道へ行くわけだけど、特に3日間共に過ごした高N君との別れは辛い。
しかし、いつまでも誰かと歩いているわけにはいかない。
「この旅で自分を見つめて成長して帰りましょう!」
と高N君が熱く語り、お互いに自分を鍛え無事満願できるように誓い合ったところで・・・・・

坊様がサプライズ!!
「何も出来ませんが別れの挨拶を」
と言っておもむろに数珠を取り出し目をつぶり・・・・
「○×▽#$%&カーッ!!」
お経だ・・・ド迫力に圧倒された

短くてよく意味がわからなかったけど、僕らの旅の安全と成就を祈ってくれた思いは十分に伝わって来た。
僕と高N君はしばし呆然してしまったが、高N君は
「ありがとうございます」
といいながら坊様と思いを込めた熱い握手
続けて僕とも
「一緒に歩けたお陰でここまで来れました、ありがとうございました」
と、思いがいっぱい詰まった握手
そして高N君は旅立って行った。

高N君に続き僕も出発だ。
坊様はまたド迫力のお経をあげてくれた。
僕は思いを込めて坊様と熱い握手を交わし、旅立った。

向かったのは、童学寺。
まだ人気の無い街を数キロ歩くと小高い所にそのお寺はあった。
別格2番札所 童学寺 到着
先客が1人いて、見るからに只者ではないお遍路さんだった。
礼拝を済ませ、そのお遍路さんに明日行く予定の別格3番札所慈眼寺までの道を聞いて見たところお遍路道の状況がヒドイらしい、標高もそこそこ高い。
一般道で行っても舗装道路を約1日かけて往復しないとならない。
足の調子も悪いし考えもんだなぁ( 一一)。。

再び歩き出し約20キロ先の恩山寺に向かう。
途中徳島市を通るので腕時計を購入する事にした。
時間はケータイで見ればいいと思っていたのだけども、普段ケータイOFFなので歩きながら見るのに不便でたまらん!!
ダイソーに寄って小物を購入。
徳島市内に入り地図を片手に歩き、時々道を聞く。
おば様はキャラメルをくれて・・・おじ様はジュースのおつり80円をくれて・・・励ましてくれた・・・お接待やなぁ
この頃は右足をだいぶ痛めていて、膝とマメをかばって歩いてる為、右足は外を向き斜め前に足を運ぶ感じで歩いていた。
そんな歩き方で散歩中のおっちゃんを抜くと
「へぇ!そんな歩き方でそんな早くあるけるんかい!さすがお遍路さん、たいしたもんだぁ」
と感心されてしまった。
しばらく歩いていると市内を抜けてしまい、腕時計を買えるお店が少なくなってしまった。
ホームセンターがり、そこで約2000円の電波腕時計があったので購入した。

18番札所 恩山寺 到着
礼拝を終え16時。
次の立江寺まで約5キロ。
17時までに行かないと納経ができないので諦めつつベンチに座ると、素晴らしいお経をあげていたおば様が話しかけて来て
「間に合うよ!!ほら行きな」
と尻をたたいてくれた。
不思議と僕もそれを迷惑には感じず、その言葉にやる気が湧いた。
ついでに高価なローソクと200円お接待していただいた。

さぁ、行くぞ!(^^)!

FC2ブログランキング参加中




スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/22-031a97a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。