三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月4日 後編

薬王寺まであと少しー。
右手の空き地を見ると廃車になったバスが・・
今夜泊まろうとしていた○○宿ではないかい、これ(?_?)
薬王寺の少し先にあると聞いていたが、まさか手前だなんて(゜o゜)
って事は戻って来ないといけないのか・・ヤダッ、ここは無し。

とりあえず進んで
23番札所 薬王寺 到着
礼拝と納経済ますと15時過ぎ。
雨降りそうだし、この辺に一晩明かせる場所ないかな~と歩いていると、お遍路さんからお札1枚お接待いただいてしまった。
少々ご年配の車お遍路さんで
「もがいてもがいて頑張れ!」と笑顔(^◇^)で励ましてくれた。
僕はいつものよ~に笑顔と情熱の握手でお返した。
石段を降りるとお年のお遍路さんに出会った。
絵を描いて回っているので荷物が2輪台車に乗っている。
話をすると近くの野宿できる所があり、おじさんもそこに行くそうなのでご一緒させていただいた。

そこは日○佐駅のすぐ近くの施設で、片隅のベンチで休ませていただく事にした。

道の駅日和佐


駅の反対側にスーパーもあって食料の心配もしなくていいが、タイムセールまではまだ時間があるので、商店街に休憩用のサンダルを探しに行った。

静かな商店街だ・・・靴屋はあるのか・・(+_+)
食堂のおば様に聞いて靴屋さんを見つけ、安いサンダルを探していると店のおば様が500円のサンダルを薦めてくれたので購入しようとした時
「これで温泉入り」
とすぐ近くの温泉料金500円をくれようとしたが
「いえ、昨日民宿泊まるなんて贅沢しちゃいましたから、今日も温泉なんてもったいなくて・・」
と申し訳なく思いつつご厚意をお断りすると
「ええよ、ならこれお接待してあげるわ」
ええっ(ー_ー)!!

嬉しいけど・・ホントにいいのか?
しかし、お接待は心と心を交わすもの
2度も断ってはかなり失礼なのでありがたくいただいた。
笑顔と握手をお返しにー。

サンダル


早速サンダルを履いてみると、年中靴を履いていてムレムレだった足が開放され、いい気持ち。
さらに施設にあった無料の足湯に浸かって、足の気分は上々だぁ!(^^)!

先程の絵描きお遍路さんやたまたま来ていた車でお礼参りをしている石川県で住職やっているお坊さんと話して、タイムセールで安くなった弁当を食べて、野宿だけどとってもいい夜だ。
蚊はうっさいけども。

夜、駐車場に車が集まってきて何かを組み立てている。
さらに数人増え太鼓を中心とした演奏が始まった。
そうだ、阿波の夏祭りまであと約2ヶ月だ。
音はデカくてまだバラバラな演奏だったけど、とてもイイ音色を聞かせてもらった感じがして、ゆったりと幸せな気分にしてくれた。

彼らは帰って行った。
僕ももう寝よう。
足湯の反動なのか物凄く足が痛いよぉ(+_+)

8日目終了

本日のお寺
・22番札所 平等寺
・23番札所 薬王寺

本日の出費
・民宿 ¥6300
・飲み物 ¥384
・ちらし寿司 ¥209
・納経代 ¥600

FC2blogランキング参加中でございます。
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/29-b5bd97e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
天狗天狗(てんぐ)#日本の伝説の生物一覧|伝説上の生き物。下記に記す。将棋の将棋の駒|駒。天狗 (駒)を参照。----天狗(てんぐ)は日本の伝説上の生き物。人を魔道に導く魔物。俗に外法様ともいう。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wik
2007/02/08(木) 00:59:33 | 神話&神々の研究
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。