三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月5日 前編

朝・・じゃなくて夜明け前。
気がつくと強風と豪雨がベンチで寝ていた僕を襲っていて、起きた時には既に荷物も僕もびしょ濡れだった。
急いで駅に逃げ込んだ。
駅には昨日の絵描きおじさんが寝ていたが、しばらくしておじさんも起きた。
おじさんと昨日の出会いから振り返りながら話をしていると、いつのまにやら
「荷物は誰かといる時はや寝ている時はしっかり守れ、盗まれてもまず見つからないぞ」
とか、お遍路の心得を語っていただいていた。
おじさんは人を待っているのでこの地に残るそうだ。
誰に盗まれるかって?
特に気をつけなければならないのは、お遍路さんのようなお遍路さんとは言いがたい方々だそうだ。

おじさんと別れ雨の中55号線をひた歩く。
途中、食堂の軒下でおにぎりを食べていると雨が止み始めた。
海岸線にでて12時過ぎ

別格4番札所 鯖大師 到着

やっぱり・・でっかい鯖の石像がいた。
今日も足の痛みがひどいので、納経所の方に通夜堂に泊めていただけないか聞いて見ると
「崩落の危険があって1ヶ月前から泊めていません」って(*_*)
仕方無し。
礼拝して~納経して~珠買って~向かいの食堂へ。
あたたかうどんを食べ、店のおば様と話をしてこのまま先に進もうか民宿泊ってしまおうか迷っていると言ったら
「海部までならすぐ行けるよ~若いんだから」
と励まされ、そう言われたら行くしかないでしょ。
足は痛いよ、痛いけどそれが当たり前!と思えてきたし。

再び海岸線を歩き数キロ先の海部駅に到着し、野宿できそうな3方壁に囲まれた○○停を見つけた。
しかし、蚊はすごいし大雨来たらまず濡れる。
この時、時刻は15:30
7キロ程度に3時間近くかかってる・・・・
足の痛みを我慢しつつとは言え、遅い(-_-;)

近くのGSの方に○○宿があると聞いているこの先の旧宍喰町までの道のりを聞いて見る。
「自転車で25分位で、道のりも比較的らくですよ」
と言っていたので・・・・

ここまで来たら出発だぁ~


FC2blogランキング参加中でございます。


スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/30-a5f91f35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。