三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月7日 前編

やっぱり眠れねぇ(ーー;)
早朝4時、辺りが少し明るくなって来たー出発。
この野宿ポイント条件の悪さはやはり体に応えた。
足は勿論だけども、あちこいが痛いし体調悪いよぉ。
次の札所まで残り5キロ位だけど、かなり時間かかっちまいそうだ。

左は海で右が山の道路を歩き続け気分だけはイイ。
しばらく歩くと、右手の山の中腹に大~きなお大師(空海)様があった。
とりあえずいろいろと祈っておいた。
そうここは室戸岬ー
室戸岬


ようやく札所への登山口だ。
左手にはお大師ゆかりの「観音窟」って洞があるが、外から拝んで失礼した。
ちょっと前にも「御蔵洞」って洞があったけどここも立ち寄る余裕が無かった。
せっかく来たのにもったいないとはわかっていたけど・・・
足の状態がいつリタイアしても不思議無い状態だったから、とにかく八十八ヶ所を先に進みたかった。

さぁ登るぞ!って時に
ポンチョ・・・しょうがねぇ~着る。
多分、1キロ超で150m位の勾配だった。
そこそこキツイ。
朝7時前
24番札所 最御崎寺 到着

これで「距離は札所間中2位だけど補給休憩ポイントが無いから辛いぞ!」の約75キロの道程は終わった。
数日ぶりの礼拝は気分上々。
この頃はもう一日礼拝しないと不安になってしまう状態だったので、前の鯖大師から約二日礼拝無しは辛かった。
ポンチョの中は暑くてムレムレだけど、雨はすっかり上がっていた。

次の札所へ進むのに道路を下るけど、勾配きつくて蟹歩き
下り急勾配・舗装道路なんて膝に悪すぎ(-_-メ)


FC2blogランキング参加中でございます。





スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
リアルです。
一日礼拝しないと不安になってしまう
簡単な事じゃない!大変な様子が感じられます。
この後どうなってしまうの?
正に山場!?
2007/03/01(木) 21:35 | URL | マコ太 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/34-15708ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。