三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月7日 後編


最御崎寺から海岸沿いに約7キロ
次のお寺は港町の商店や住宅がある中にある。

25番札所 津照寺 到着
急な石段を登り一番上に本堂で礼拝。
引き返して階段中ほどに大師堂と納経所があった。
そこには久しぶりに団体旅行?らしきおば様達がいて、このお遍路オフシーズンの歩き遍路=僕が珍しいらしく話をしていたら、お札1枚お接待いただいちゃいました。
次の寺まで約4キロで海岸線をまた進む。
小高い山への登り坂の遍路道は今朝の雨でよく滑る。

26番札所 金剛頂寺 到着
団体さんが帰るところ・・ん?
さっきお接待してくれた方がいるじゃない。
話しかけると、
「あれ!もう来たの!!」
とちょっと驚いて回りの方々の話のネタになっていた。
遍路道は山登ったり細い道を歩くので、短い区間なら歩きが自動車を越す事は珍しくは無い事だ。
礼拝済ませて、カロリーメイトで空腹を満たす。

帰りの遍路道もよく滑る。
下山したあたりに道の駅があり、ここでゆっくりすることにした。

時刻は13:30
地図を見て今日の宿泊ポイントを探したけど、この先また海岸線を歩き確実に休めそうな所も無い。
幸いこの道の駅はベンチや物産販売所もあり、何よりすいていたので今晩はここでお世話になる事にした。
勿論、混雑するようなら営業の邪魔にならないよう旅立つ予定だ。

太平洋はすぐそこで、海風と波音が心を癒してくれる
そうだ!絵葉書をここから送ろう(^^♪
前から考えていたが、お土産屋さんげちょうど発見したので送る事にした。
結局、家族含め数人にしか送らなかったけど、書いている途中・・
家族は勿論、友人達の事がとても懐かしく思えた。
いろいろ話したり、遊んだり、仕事したり、うるさいけど叱ってくれたり、離れている今、会う事すらできない。
ケータイ使用自主規制してるけど、こんな時は通話したくてたまらん(+_+)
反面、そんな環境にる自分に充実感を感じたり。
そう思える家族や友人がいる事に幸せを感じたり。


ハガキはお土産屋の優しいおねえ様が持ち帰って送ってくれた。
ここ高知県はお遍路さんにあまり関心が無いみたい・・徳島県がお遍路に全体的に優しい土地柄すぎたのかな?
高知県も場所によっては好感触なんだけど。

辺りは暗くなり、お客はまばらだ。
やはり今夜はここの東屋でお世話になろう。

今日のお寺
・24番札所 最御崎寺
・25番札所 津照寺
・26番札所 金剛頂寺

今日の出費
・納経 ¥900
・ジュース ¥588
・おにぎり ¥190
・パン ¥179
・弁当 ¥230
・絵ハガキ ¥155

FC2blogランキング参加中でございます。
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/35-fec8b4e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。