三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のテーマはお接待

元々は~
今と違い昔はお坊様が修行の為に遍路を行っていた。
四国の方々は、そのお坊様達に尊敬と慰労の気持ちでお接待を行っていた。
その行為により自分も徳を積み、お坊様達はお返しにお経を唱えたりしていた。

現在は~
一般人が遍路を行う事が多くなり、逆にお坊様が珍しい。
四国の方々は、遍路をする一般人に対して励ましと慰労の気持ちでお接待を行っている。

お接待って何もらえるの~
パン、おにぎり、果物、ジュースとかの飲食物。
お金、蚊取り線香、自転車、靴とか色々。
車に乗せてくれたりなんてのもあります。

お接待の受け方~
「感謝」して気持ちを伝える事
僕がしていたのは、「ありがとう」、握手、お辞儀
それ以外にも自分なりの方法でいいと思う。
また、基本的には断らない事
相手がご好意で行ってくださる事だからできるだけ受ける方が良い。
自分の信念や荷物の都合によって断る場面があっても、その気持ちに感謝する事を忘れちゃいけない

これはいかん~
私はお遍路さんだからお接待を受けて当然だなんて気持ち・態度は絶対にダメ!
例として・・・
・自分からおにぎり頼んで金払わず当然のように持って行く。
・気に入ったお接待だけ受ける。
・お接待してもらった物をそこいら辺に捨てる。
・場所を提供してもらって、どこそこかまわず汚す。
・出たゴミをポイ捨てする。

僕の思うお接待~
お接待は、する人・うける人の気持ちが通じ合ってこそのものだと思う。
はぁ??なに言ってんの??物もらってるだけじゃん??
って誰かは思うかも知れないけど、それは自分の気持ち次第。
その場では笑顔であっても、気持ちの通っていないのは単に物をもらうだけの事。
僕はお接待を受けた時、相手の「頑張れよ!」ってあたたかい気持ちが僕の心に届いた気がして、幸せで頑張る気持ちになれました。
HEART TO HEART ですね!

最後に~

お接待はお遍路独特の文化です。
旅の途中であったある方が言っていました。
「お接待をうけるお遍路さん達が、お接待をしてくださる方々の気持ちを考えないような事するようじゃ、四国の方々もお接待したくなくなだろうな。」

FC2blogランキング参加中でございます。


スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/37-29578853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。