三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月10日 前編

5:30頃起床、昨夜は思ったより蚊が多くて参ったさ。
周りの人たちに別れの挨拶をして一足早く始動。
足を曲げて窮屈に寝ていたから足の疲れと痛みは朝からビシビシ襲ってくる。
数十分歩くとちょっとした住宅街へ進入し、東屋式のお遍路休憩所があり、朝早くからおじさんが掃除をしてくれていた。
一声かけて腰を降ろすと横のクーラーボックスにコーヒーが入っていて、おじさんは中から冷え冷えの缶コーヒーを僕にくれた。
こういうお遍路に優しい人・場所に出会うとかな~り嬉しい。
少しあったせんべいとコーヒーで腹を落ち着かせ出発だ。
ここ、香南町宿場町の名残りがあっていい雰囲気だ。
広めの石畳風の道の両脇に長屋形の木造平屋が立ち並ぶ。
まだ朝なので家やお店は閉まっているが、たまたま見かけた軽トラから荷物を店に運んでるおばさまに「おはよ~ございま~す。」とご挨拶すると、「久しぶりのお遍路さんだ、コーヒーどう?」と意外な切り返し。
先を急ぎたくて少し迷ったが・・・お接待を気持ちよくお受けした。

実は、数日前歩いている時におばあさんがお接待で車に乗せてくれようとしたのを「できるだけ歩きたいから」と断った事があった。
それが気になっている事を昨日一緒になった坊様に相談したところ
「お金はもらって物はもらておいて、歩き遍路だから車には乗れないっておかしくない?お接待してくれる人たちの気持ちは一緒だよ。」
心にズシンときて迷いを断ち切ってくれたお言葉でした。
ま~その坊様、昨夜はT中君捕まえて夜中まで晩酌してたけど^^;


FC2blogランキング参加中でございます。



スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/41-9a16d5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。