三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
買い物もしつつ
仕事相手やバイト先とかの調整も

6月末出発なのに
相談したのが6月入ってからだった
でも快く送り出してくれました、ありがとう。
このときに言われました
「行こうと思っても、なかなか決断はできないよね」
おれが会社員じゃないし、結婚してない
って意味で環境的には気楽に旅立てる状況でした。
気持ちの部分で言えば・・・
社会生活をしていれば様々な束縛を受ける
社会生活上必要なであり、周囲からうける束縛もある
しかしその多くは自分が作り出した幻想なのかも
誰かから社会から束縛されていると思っていたら
自分で自分を束縛し自分を追い詰め窮屈にしていたんだ
自分が束縛されている多くが自分の作った幻想なら
自分の意識で解放できるはずだ
そうすればもっと自由に気楽に行動できるはずだ


なんて思ってたかな、あの時は
無責任野郎って言われる位でちょうどいいかも

出発日が近づくにつれ
不安が募ってきちゃったけども・・・・
正直飽きていた日常を抜け出して
非日常的なお遍路ってものに旅たてる
その嬉しさと期待が不安を遥かに陵駕している

お遍路にこのサイト参考になります
掬水へんろ館

準備の方はといいますと
あれもこれもなんてザックに詰め込んでいたら
荷物がどんどん重くなっていきまして
準備が終わらないまま
出発日を迎えるのでありました
情けない・・・

FC2ブログランキング参加中!ムぎゅっとね


スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/5-ce7fce49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。