三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月13日 中編

男三人お遍路仲間の楽しい団欒もそろそろ終わりだ・・・
まずは高○さんと別れ、僕は昨日来た道へと歩きだした。
そして東京へと帰る小○沢さんはバス停に行くのでお別れだ(T_T)
別れ際、「役に立つかわからないけど・・」と小○沢さんからあるガイドブックを頂いた。
ユースホステルガイド
宿泊代が普通に安いけど、会員になっているとさらに安い!
旅行好きで宿泊もするけど、至れりつくせりのホテルは高いし面倒・・・なんて方にユースホステルはオススメです。

参考サイト:日本ユースホステル協会
http://www.jyh.or.jp/index2fr.html
ありがとう!(^^)!そしてお別れです、さようなら(T_T)
次のお寺へは打戻りで行く。
「打戻り」とは通ってきた道を戻って再び別の道へ行く進みかただ。
今日は湿気は少ないけど陽射しがアツイ(-_-;)
自動販売機もお店も無い道程でバテバテだけど・・・・
だいぶ旅慣れしてきた僕は海辺の水産加工している加工場?を見つけ、ご挨拶して世間話もしつつお水を頂くのでした。
ここでは麦茶もいただき扇風機で涼ませていただいて皆様に感謝です(^^♪

朝から約25キロ歩き到着したのは
別格20霊場第5番札所 大善寺
ここの住職はなかなか話のうまい方で昔けっこう遊んでた感じのする・・・失礼か^^;、とにかくいい方でした。
30キロ以上先の次のお寺へ行く為のへんろ道は雨で危険なので国道を行った方がいいらしく、今日はまだ時間があるから僕が野宿予定していた場所より先に野宿できる場所がある事を教えてくれた。
最後に、
「汗かいてるんだから水だけじゃなくミネラルもとれよっ」
って貴重なアドバイスと共に、護摩焚で清めたおもいただきました。

住職さんのお言葉を信じ僕は日暮れ近い56号線を山間部に向かって突き進んで行くのでした・・・・

FC2blogランキング参加中でございます。



スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/51-8454c501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。