三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月15日 前編

朝6時。
自転車青年の中○君と修行中の平○さんと、お互いの道中の無事を祈りながら別れた。

これから第38番札所のお寺まで約80キロの最長区間だ。なが~い道程が始まります。
霧の様な蒸気がたちこんでいて蒸暑いが、まだ早朝で陽射しが無いから少しは楽だ。
まずお馴染み56号線に合流し海岸沿いの黒潮町を目指した。
まだ山間部の道の途中で56号線をショートカットできる遍路道があったが、入り口がよくわからず地元のおばちゃんに聞いてみたら「入らん方がいいよ・・・」って。
遍路道止めました^^;

道は大筋下りだが、道程は上り下りの繰り返しで足が痛い。
道がアスファルトだから陽射しが出てきたら暑いし蒸す。
グダグダしながら海沿いまで残り少なくなって来た時・・・・
地元の女の子が「こんにちは~」と挨拶してくれたのと同時に・・
がサァーっと向かいになって吹き込んで来て、涼しくなると共に湿気も吹き飛ばしていきました(^^♪


まるで女の子が天使となって、羽で涼やかなを運んでくれ、その声が疲れを吹き飛ばしてくれたような・・・・そんな気分です、ハイ!(^^)!
ありがとう、あの時の女の子。

そんな感動に浸りつつ、おにぎり1つとコーヒー牛乳でコンビニ前で昼食を済ましたのでした。

ランキングアップに一押し!
bluefc2blogra

スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/56-8c1e84ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。