三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月15日 中編

陽射しに負けず海岸をひた歩く。
水分補給ポイントは絶対に見落とせない。
別荘のような喫茶店の庭先に水道を見つけ、お水を頂いた。
「水撒きに使ってるから飲んだこと無いけど、大丈夫ならどうぞ。」
とご主人に言われたが、味も透明度も問題なし、頂きます。
日陰で休みながら青々とした海を眺めながら一休み・・・

岬を曲がり土佐湾沿岸だ。
相変わらず56号線をひた歩いていたら、後方から来た自動車が道向にある自動販売機の前に止まって、出てきたおばちゃんが素早くジュースを買い、道向かいを歩いていた僕に持ってきてくれた。
「暑くて大変だねぇ~、がんばりよ。」
と励ましの言葉と笑顔もくれた。
ありがとう・・まだ頑張れます!(^^)!


少し歩き、泊れると聞いていたこじんまりしている観音堂があった。
確かにお遍路さんが泊っていた形跡がある。
お堂の軒下で涼みながらご近所さんに聞いてみたら、自治会で管理していて、当番の方から鍵を借りて泊めていただくそうだ。
こういった所が以前はもっとあったが、だらしの無いお遍路もどきの方々の信頼を損なう行為によってだいぶ潰れている。
そう考えると、ここの自治会さんには感謝の気持ちでいっぱいだ。

でも昨日平○さんに紹介された大師堂まであと数キロなので足をのばす事にした。
そして見えてきました、大師堂の目印の赤い旗が道沿いに。


ポチッとご協力を
bluefc2blogra

スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/57-8d7b3cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。