三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月27日 前編

深夜バス移動約9時間・・・手強かったなぁ

8:00 大阪駅到着
さすがに人が多いし仕事中の方々がせわしく行き交う
チケットセンターで鳴戸西に停車するバスを確認し購入
高松エクスプレス大阪号 大阪駅⇒鳴門西 ¥3200
すぐ隣のバスターミナルでバスを待つ

8:30 大阪駅出発
乗客は数人、と~っても穏やかな時間が過ぎて行く
京都を経由して神戸を走行していく
大規模な港湾を見るのは初めてで感動してしまった
ビル街とも緑豊かな自然の景色とも違う
海・船・倉庫・巨大機材のある文化的だけど古い・・
そんな異世界の文化に触れた感じだった
喉が渇いた、今ある飲み物はキリンの○ーダだ
取り出してみると生暖かくなっているなぁ

エイッ!ゴクッ!・・・マズイ、とてもマズイ

やっぱり冷やして飲むべきものだ、間違えない
期待していた鳴門の渦は鳴門大橋を通ったけど見れなかった
天候や海流が関係するので仕方ないけど残念だ

11:00頃 鳴門西停留所到着
そこは標高の高い位置にあって下の街が見渡せた

いよいよスタートなんだぁ

その景色を見る程気持ちが高揚してきた
街に降りる為にウロウロしていると発見!!

道しるべ1


こ、これが保存協会さんの「へんろシール」なんですねぇ

案内板


こんな案内板までありました
案内に従って霊山寺に向かいました
慣れない土地に迷いつつ霊山寺に向かいました
霊山寺のすぐ手前に門前一番街と言うお遍路用品店があり
そこで現地調達予定の遍路用品を購入
・白衣(半袖)     ¥2630
・数珠         ¥2630
・菅笠(大)      ¥2500
・金剛杖(角型・袋付き)¥1060
・輪袈裟止       ¥630 
菅笠はそのままだとあご紐が弱い為交換してくれました
お遍路の事もお店の方がいろいろ教え下さいました
そして打ち終えまた戻ってくる事を約束
さっき会ったばかりの人だけど、こうする事で

必ず打ち終えてやる!

って気持ちが強くなるのを感じた
また、お遍路さんの格好をした事で何か・・こう・・・

身の引き締まる、落ち着ける、力強い感覚がした

さっ、いよいよ霊山寺です

後編へ続く
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/7-ac983d04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。