三十路手前で「旅してぇ~」と放浪癖が発症して、四国歩き遍路に始まり、初海外でNZ1人旅、そして次は・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月26日 中編

写真を撮影してくれた方、実は数日前岩屋寺で会った人でした。

岩屋寺の急階段・急坂を走っていていて、すげ~とおもいつつ、その時は挨拶交わしただけだけど。

すっかり普段着だったので不思議だったけど、この近くが地元で今日はたまたま来てただけ。

帰り際、「頑張れ!」ってオロナミンCいただいた、ありがとう
寺のお店で納め札買って前のベンチでジャンキーな昼食してたら、暇な店主と話が弾みタオルを頂いた、ありがとう

少し遠い、今晩宿泊予定の寺目指して移動してたら田舎道と畑だらけで道に迷った・・・

散歩中らしき地元のおじさん発見し道を聞いたら、予定と違う寺も近くにあると教えてくれて、地図で確認して行こうと思ったら、おじさんが道案内するって・・ペース大丈夫か?

歩きだしたらやっぱり遅い・・・でもおじさん頑張って急ぎ足で歩いてくれてる

時間が遅くなると予定している寺の通夜堂に泊まれないかもしれないけど、まあいいやぁ~ここはおじさんと一緒に歩こうよ

第53番札所 円明寺 到着

石手寺と違って参拝者は僕らだけ、これがこの旅では普通なんだけどさ。

礼拝の間もおじさんは待ってくれていて、次の寺に近い所まで僕を案内してくれた。

おじさん車でお遍路1周した事があるそうで、僕がなんか心配だったんだろうね。

おじさん無理して歩いてさぁ、「泊まる寺に間に合うかい?」って最後まで心配してくれてさぁ、物はもらってないけど元気が湧いたよ!ありがとう
スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※熊野古道とお遍路の残り
 ※未分類
 ※遍路紀行~旅立ち編
 ※遍路紀行~徳島編
 ※遍路紀行~高知編
 ※遍路紀行~愛媛編
 ※遍路紀行~香川編
 ※遍路紀行~高野山編
 ※遍路紀行~結び編
 ※遍路紀行~道具・資料編
 ※遍路紀行~心得編
 ※かんぺいとあらし
 ※西日本高速バスの旅
 ※ニュージーランド
新着エントリー
 ・03-26  ※大聖堂から追憶の橋へ
 ・03-21  ※クライストチャーチ散歩
 ・01-10  ※Canterbury house

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://62689.blog49.fc2.com/tb.php/89-33099631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。